読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

人間皆違うのに同じ物を好きになるって結構奇跡ですよね?

荒物のこと │ 松野屋

松野屋って知ってますか?


僕が知らんだけかなぁ?


「荒物」と呼ばれる昔ながらの雑貨を扱う店です。

 かつて日本中の町々に商店街があった頃、そこには「荒物屋(あらものや)」があった。シュロのほうきにトタンのちりとり、アルマイトの洗面器、籐製の買い物かご…。各地の町工場や職人の手で作られた、丈夫で長持ちの日用品が狭い店内にぎっしり並んでいた。

 やがて大型スーパーの時代がきて、多くの商店街が消え、荒物屋も消えた。安さは正義。壊れたら買えばいい。続くバブル時代は高級こそ正義。傷でもつけたら大変だからめったに使わない。いざ使おうとすると過剰な機能は使いこなせず、実は使う必要もなく…。

 ざっくり振り返るだけで何やら情けない気持ちになる「消費」時代の後、長々と居座った不況を経て、今再び「荒物」に光が注がれている。丈夫でしっかりしたものを、愛着を持って大事に使う。そんな人が増えて、細々と、しかし確かな技術で作り続けられてきたものが改めて売れるようになってきた。作る人も買う人も、ほどよく満足できる。そんな仕組みを大事に育てている人の話を聞こうと、東京・馬喰町の「暮らしの道具 松野屋」を訪ねた。店主の松野弘さんによれば、最近は欧米からの引き合いも増えているという。それにしても、荒物たちがギュギュっと居並ぶ店内を見回すだけで、何ともワクワクします。

(聞き手は坂巻正伸)

ごく少量しかない超高級高額品ではなく、ひたすら安さを競う大量生産品でもなく、「中量生産品」がしっくりくるなあと。

ニッポンの「荒物」の魅力に世界が気づき始めた:日経ビジネスオンラインより


ほんまこれ。


とは言え大量生産などに技術や僕らの感覚さえも麻痺させられて自分が本当に何を求めているかすらわからなくされてしまった昨今です。


そんな中僕はこの「松野屋」さんのガマ口財布を買ったんです。



関係ないけどカプセルプラレールと比べてこのサイズ




片手に収まるサイズで牛革でそれでいて求めやすい値段。



ズボンのポケットに入れたらややモッコリ感が増すので自信がない方は…いややはりカバンか何かがいいかもしれません。



ちなみにこれは親子ガマ口と呼ばれ、収納が3つあります。興味ないかもしれませんが、僕は真ん中のガマ口には小銭。それ以外はお札とカード類を収納しています。


これで十分です。


というかそれ以上必要なものを持たなければいいだけです。


僕はこれでレシートがたまらなくなりました。


お札を半分にでも折りたくない人には向いてません。



しかし僕の気持ちをくすぐる松野屋さん!今後も要チェケです。古い?(笑)要チェケて(笑)



松野屋の商品は広島ならこちらで取り扱ってるみたいです。

糸と樹 itotoki 広島の雑貨屋 ライフスタイルショップ


他にもあったら教えて下さい!

公園でカフェ・オ・レを

昨日は朝8時から子供達と公園へ。


とにかく朝のうちに遊ばせて昼の炎天下を避けたくて…


前日からお腹の調子が悪かった娘は案の定…


途中で娘だけを妻に託し息子と公園へ戻りました。


写真は撮れなかったんですが、途中かなり大きいカエルがいて、そこにたまたま地域のおばあちゃんがいて話をしました。


「こりゃあトノサマガエルじゃわぁ。真ん中にスジがはいっとるじゃろ?あれはトノサマガエル。今捕まらんように保護色になっとるんよ。」



ほんまかどうかはどうでもいいんで調べてはいません。


こうやって地域のおばあちゃんと話ができたのがなんか知らないけど得した気分になったんです。



この田んぼの写真もそう。



公園の横にあって公園で遊んでいると、田植えが始まって、息子は興味深々。苗を乗せた猫車や、機械が登場するとおじさん達に質問攻め。



「こうやってあんたらが食べる米が出来るんでぇ」



ありがとう、おっつぁん。



って多分我が家の目の前に住むおっつぁんなんじゃけどね(笑)



気に止まる謎の虫

次の二枚はなんとなく。



あっ、ちなみにお気付きの方もいると思うけど、カフェ・オ・レじゃなくて



砂場でしたっ!

ジョイントマットを一部畳にしました

この記事は僕のブログで1番長く読まれている記事です。


その中で紹介しているこれ


いいんですが、難点がいくつか。

  1. 夏は暖かい
  2. フローリングとの相性なのかキュッキュッてうるさい。この音で子供が起きた事も
  3. 帯電しまくる
  4. 何より隙間からゴミが入り込み剥がした時の絶望感がすごい

本当は剥がしたい

以前も何度か書いたんですが、本当はもう剥がしたいんです。でも防音っていった意味で剥がせない。


剥がした後に注意

たまに剥がして掃除するんですが、置いていたとこがすごい滑りやすくなってるんです。


日本人ならたたみ

そんな中実家にて親が「time」株式会社リックコーポレーションというホームセンターで「タタミマット」を買っていたんです。意外と良くて我が家にも導入しました。


82cm x 164cmで税込1,980円。


今のジョイントマットは約60cm x 60cmだからちょっとはみ出ますが敷き詰める枚数は少なくて済みました。



タタミとは言ってもマットなので暑さは2cmないくらいです。でもクッション性はもそれなりにあってジョイントマットの代わりに使っても大丈夫そうです。


Before



After



角度が違うのはご愛嬌。



大和リビングの賃貸に住んでます。その床に直にひいてます。何かで接着してるわけじゃないのでズレます。でもこの敷き方ならあまりズレません。



安価品ではありますが、買ったばかりという事もあってにほいがたまりません。



一枚あたりそんなに重くないし一枚ずつ干したりも余裕で出来ます。



気をつけないといけないのはクレヨンとかで書く事くらいかな?



そういう意味ではジョイントマットの方がいいかも。




この夏はこれで過ごしてみたいと思います。



お金に余裕があればこれが欲しいなぁ。

OKI TATAMO! 1.5畳 All Natural

OKI TATAMO! 1.5畳 All Natural

ブクマに思いをはせてみる

はてなブログには「はてなスター」や「はてなブックマーク」とか、ブログを評価じゃないけど、何かしらエントリーに対して足跡を残すシステムがあります。

はてなスターの付け方 - ミレニアル世代のミニマムライフ
以前こんなエントリーを書いたこともあります。

ブックマークがはてな

ブログを始めた頃は、ブックマークなんか🔖気にもとめずひたすらはてなスターを欲していました。


でもあるとき「はてぶ」の存在を知って、ましてや「はてぶ新着エントリー」とかがTwitterに上がってくる事を知り、次第に意識するようになりました。


でもこれがなかなかつかない。


まぁ、ブックマークが何かを改めて考えてwikiで調べてみました。

ブックマーク (Bookmark) とは英語で本のしおりのことを意味する。そこから転じてウェブブラウザに任意のウェブサイトのURLを登録する機能の事を指す。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki 「ブックマーク」より



しおりだな。



そりゃムフフなサイトはブックマークしまくってた時期もあったなぁって。



そうでもして見たいサイトだ!って事ですよね。



そんなエントリーなんて書けてないなぁ〜。



てか色々なブログ読んどっても自分の事は棚にあげますが、「この記事になんでこんなにブックマークがついてるんだ?」


って思う時もあります。


まぁ、そんだけ人の自分に対する評価と自分の自分に対する評価が違うって事ですよね。


必ずしも当てはまらないし、ブクマでもコメントをみたら賛否両論の時がありはしますが、ブクマがたくさんつくということは「一定以上の価値がある」ということなんでしょう。



僕みたいな日記のような内容かつ、文章力ではラッキーパンチはあっても恒常的には続かんだろうと思います。




でもたまに僕にしてははてぶがつく時があるから、やめられないんだよな〜。




皆さん、遠慮しないでどんどんブックマークしちゃってくださいね〜(笑)

Trackmasterダグラスのプラレールとの互換性

たまには買わない勇気 - ミレニアル世代のミニマムライフ
このエントリーで書いたTrackmasterシリーズのダグラスのレビューを書いて見ます。



これです。

Thomas & Friends - Trackmaster - Motorized Engine DOUGLAS ダグラス

Thomas & Friends - Trackmaster - Motorized Engine DOUGLAS ダグラス

たまには買わない勇気 - ミレニアル世代のミニマムライフ


息子はプラレールが好きなんですが、廃盤のが好きなんです。


おそらくタカラと、トミーが合併する前にトミーが出していたものと思われます。


その中でもダグラスは双子の相方のドナルドとのセット販売のみで存在しており、メルカリやヤフオクでも高額過ぎて手が出ない。てかそもそもあまり出回ってないんです。


それでもダグラス

ドナルドはメルカリで手に入ったんですが、ダグラスは全くダメ。そこで白羽の矢が立ったのはさっきも書いたTrackmasterシリーズ。アメリカ製品です。


しかしアメリカ製品は以前トーマスを貰った時に動力車の形状が違うため日本のプラレールでは走らな買ったことがある
んです。正確に言えば走らないというか空回りするんです。車輪のギザギザが荒くてプラレールの線路と噛み合わない、

この商品の動力車の後部車輪の物はダメです。YouTubeなんかの走行動画では踏切なんかも渡れてませんでした。


だからいくらダグラスでもアメリカのはなぁ。って敬遠してました。


しかし、Amazonの商品画像をみるとどうやらプラレールと同じ形状。連結部分もプラレールと同じ。そんな時に息子の誕生日。姉と話をしていて息子への誕生日プレゼントにお願いします!って感じでも我が家へダグラスがいらっしゃいました。


プラレールドナルドとの比較

正面

右がダグラス
顔の不気味さはどちらも同じ(笑)









下がダグラス





下がダグラス
ダグラスの車輪のタイヤは全体的に黒です。動力車の後部車輪の部分はプラレールと同じゴム素材です。



内部
カバーを外すとこう。
ドナルドは一部が外れますが、ダグラスはカパッと普通のプラレールのように外れます。電池は単三一個です。

ダグラス(アメリカ)

電池のマイナス部分がやや安っぽいので子供に勝手に触らせて壊れないようにした方がいいと思います。


ドナルド(プラレール


なんなパクリじゃないようにするためにちょっとずつ変えているように思えて仕方ありません。


走行

いざ電池を入れて走らせてみました。懸念していた坂を上がるかどうかは、後部車輪がプラレールと同じゴムだけあって難なく上がりました。そしてTrackmasterの方がやや早いです。



総評

個人的には大満足です。
そしてさっきも書きましたが、おそらくほぼ同じ物だと思います。それくらい酷似しています。あとはちょっとずつ変えてパクリにならないようにしているんだと思います。まぁ、どちらが先かは知りませんが。

違いと言えば、梱包の為に車輪に穴が空いてます。
動かないように、箱の下で細い棒が車輪に通されてます。そんなのも気にならなければ本当「買い」だと思います。走行には影響ないはずですからね。




まぁ、息子が満足してるので何よりです。



気をつけないといけないのは、子供は満足してるに、「正規のプラレールじゃないから親としてはいやだなぁ」とか思ってしまい、それが子供に伝わってしまう事だと思います。



怪我なく子供が楽しく遊べれば良いんですから!



親の様々な経験から形成された「不要な価値観」を知らず知らず植え付けるのはやめましょう。例えばガチャガチャのシールを綺麗に貼りたいから親が貼る…とかね。





てかタカラトミーさん!廃盤になったきかんしゃ達再販してみたらどうですか?売れると思いますよ!てか再販して下さい

ナイキ タンジュン 他

買い物しちゃいやした。



最近100個チャレンジもクソも無くなっとる。

100個チャレンジ 生きるために必要なモノは、そんなに多くない - ミレニアル世代のミニマムライフ


大丈夫です。



年末には帳尻合わせます。



今年中には身も心も軽くなります。


昨日買ったもの


無印のアンクルパンツ

ズボンが欲しかったんですが、典型的な日本人体型なため裾直しが確実に必死な僕なので子供と一緒ならゆっくりみれないんです。でもアンクルパンツなら問題なし!って事で即購入。


Tシャツ&靴下

これはタンジュンに痛んだから。


ナイキスニーカー

その名も「タンジュン」。多分単純…ですよね?シンプルを日本語で!みたいな事じゃないんかな?違ったらすいませんナイキさん。


本当は妻が買いたいっていってたんですが、僕も試しに履いたら欲しくなっちゃって(笑)ちなみに妻は取り寄せ。


フュージョン

こんな感じ!



ちなみにタンジュンは一家で揃えました。

妻と僕は黒。息子は青、娘は赤。


親子リンクコーデだ!


わーいわい!



実は無印の例のスニーカーを履きすぎでかなり痛んできちゃってたからちょうどよかった。
アラフォーパパの無印コーデ - ミレニアル世代のミニマムライフ



という自分勝手な言い訳をしてみました。

だってほしくなっちゃったんだもーん。

たまには買わない勇気

息子が4歳になりました。



はやすぎます。



そんだけ僕たち親も老いているわけですね…



息子は成長、親は老い…



正と負な感じがしてなりませんが、僕は頑張ります(笑)



さて、そんな息子の誕生日プレゼントについて今日は書いてみたいと思います。



あっ、別に深イイ的な情報は含まれてませんからあしからず。


親以外からもらったもの

これはおじいちゃんおばあちゃんから
プラレール トーマス 流線形 トーマス
プラレール トーマス シューティング・スター (ゴードン)


これは僕の姉から
Thomas & Friends - Trackmaster - Motorized Engine DOUGLAS ダグラス
これはまた別途商品レビューをします。



もう買うもんないじゃーん!



本当は流線型トーマスは僕たち親が買う予定でしたが、孫に超絶甘いおじいちゃんおばあちゃんが我慢できずに…



いやぁ、物質主義におかされている事を再認識。



プレゼントって買わないといけないものではないし、買ってもらったものを貰うだけの行為じゃないはず。




相手の事を思い何かしてあげたい気持ちをカタチにすること。それが結果的に物になったりするだけなはず。



昔よく子供が親やおじいちゃんおばあちゃんにあげていた、「肩叩き券」なんかは本当立派なプレゼントですよね。



的を得ている。



そもそもお金を稼いでいない子供に何かを買わせるのは酷な話。


親からはこれ



妻が使っていたソロバン


しこたまおもちゃを貰った息子にとって新鮮なんじゃないかな?(笑)


と思ったけど、妻の両親から貰ったプラレールの大転車台基地でかき消されてました。
プラレール ぐるぐる回る! ビッグ転車台基地


しかも電車〜言うて逆にして遊んでました(笑)



まぁ今後に期待です。


ありがとう

親からは実質何も買ってあげてませんが、息子が生まれた時の話や、写真、ビデオを一緒に見て、いかに君が家族に取って大事な存在であるかを改めて伝えました。日々怒り散らしてしまっている日々を悔いるかのように、生まれたての可愛い我が子とその息子を思う僕らの気持ちを思い出した夜でした。