ミレニアル世代のミニマムライフ

ミレニアル世代の撒き散らしブログ

【子育て】英語育児は耳から

気づくとかなり英語の本買ってました。
それらをちょっと紹介してみます。

総評

本自体はどれもいいです。
レベルでいくと…

トーマス
★☆☆☆☆
1ページに数センテンスでかなり簡単です。やはり絵を楽しみながら英語に触れる感じです。
トーマスはstep into readingというシリーズでレベルがありますが、ここで紹介してるのはまだレベル1のみです。

ジョー
★★★☆☆
これはトーマスよりページ数も文字数もグンとあがります。ただ、ジョージという猿が普通の生活に溶け込んでいるのは非日常ですが、そんなおさるが日常的なシーンで活躍するから、「こう言いたかったんだよなぁ」って表現が割とあります。

がまくんとかえるくん
★★★★☆
ジョージより、さらにページ数が増えます。多分三倍くらい。60ページくらいかな?文字数も増えるし、何より絵が減ります。文法は割と平易でスラスラ読めます。
これもicanreadシリーズの本でレベルがあります。詳しくは最後にウェブを載せてます。


Dr. Seuss
別物。これは英語を耳から慣らすものだからサウンドを楽しむもので、理解は別な気がします。

その他
Tug the pupも1ページワンセンテンスの簡単な英語で構成されたサウンドに慣れる本です。多分どの親でも読めると思います。我が家ではこれは読み聞かせというより僕が音読しているのを、遊びながらでもいいから真似してみろと言うスタンスにしてます。僕が楽しそうに読めば軽くですが、リピートし始めました。


今後の展望

やはりTug the pupのようなサウンドから楽しみながら英語に触れるのが良いと思う今日この頃です。

4歳にもなると日本語の力がかなり高まって来て全編英語ではあまり聴いてくれません。トーマスとか好きなキャラクターとかからせめるしかなさそうです。

そういう意味でも英語育児を徹底するならかなり早い時期からするのをオススメです。

ただ、「やらせないと!」という気持ちは心の片隅にしまっておきましょう。


楽しみながら英語にふれましょー!
自分に言い聞かせてます(笑)



ゴールデンウィークこそ読み聞かせを!

皆さんゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

我が家の選択

我が家は僕が休みではないのでどっかに行くということはありません。というか休みでもいかんかも。子供をどっかに連れて行かなくては!と言う脅迫観念にも似た感情に支配されて、出かけたは良いが混雑で夫婦喧嘩になり言うこと聞かない子供を叱り飛ばしたいなら別ですが、そうでなければ、こんな長い休みを利用して自宅でゆっくり家族と過ごすのはどうですか?なんの為のマイホームですか?


休みも金銭的に余裕もない賃貸な我が家のひがみを文字にしてみました。


畑の一年

さて、そんな我が家はエホンウィークになりそうです。それにあたりこんな絵本を買いました。雑誌で見かけて気になってまして、ついに入手。って別に入手困難とかだったわけではなくサラッとアマゾンをポチりました。


その名も「畑の一年」


注意 - この絵本は関東甲信越地方の畑のイメージを組み合わせて作成されているみたいです。


良さそうでしょ?


自然万歳的な内容そうでしょ?


本来の楽しみ方

生き物が集まる、人が耕すすぐそばの自然!
『田んぼの一年』、『雑木林の一年』に続く、第3弾です。
今回のテーマは「畑」です。このシリーズの特長である定点観測で、それぞれの時期に現れる生き物や人々のようすを、歳時記のように、紹介します。
全体の構成は、パノラマ絵本+生き物図鑑+畑の雑学事典 です。
様々な作物をつくる畑を1年間定点観測し、各月の農作業や、成長していく作物、畑内に出てくる生き物、益虫、害虫、そして奥の街で繰り広げられる人間のドラマが、ひとつのイラストの中に展開されます。また、各月のパノラマ絵本の欄外にその時期の生き物をテーマ別に紹介し、巻末には、畑の作物図鑑や仕事カレンダー、畑の言葉辞典など資料的情報も掲載します。
著者の自然と人に対する愛情の大きさが、あたたかいながらも視点の鋭いイラストに現れています。

畑の一年 | 小学館より



僕的な楽しみ方

基本的な楽しみ方も勿論よいです。しかしだからといってその楽しみ方だけが全てではない。読み手の感じ方は絶対に違うから。



僕的には

  1. 定点観測を使った四季折々の変化をページを行ったり来たりしてみる。微妙な変化に敏感になればいいなぁという気持ちから。
  2. 虫が何匹いるか?数の勉強
  3. 何月は誰の誕生日かな?〇〇の誕生日月にはこんな生き物や野菜が旬なんだね〜!とか。
  4. 文字は全部読もうとしない。これだけ1ページに情報があれば子供はあれこれ気になります。だから気になったものについて話してみる。


正直この絵本読んで全部解説出来る親なんてそうはいないはず…いない事を願う。僕は知らない事ばっかりでした。

付記も要チェケ

  • 畑の一年解説 季節毎のページにある数枚の絵をピックアップして文字で紹介


  • 畑の仕事カレンダー 文字通り畑仕事の説明を絵付きで紹介


  • 「畑の一年」作物図鑑 作物の紹介だが、簡単な説明も書いてある。


  • 畑の言葉辞典 農具などの説明


  • 畑の生き物インデックス 文字通り生き物を絵付きで紹介


おわりに

この本の何がいいかって、内容もさる事ながら、絵の感じバランス断面図だからと僕は感じました。まだまだ読み込んでいけばさらなる魅力と効果をゲット出来そうな予感です。



ゴールデンウィークとは全く関係の無い本の紹介になってしまいましたが、皆々様にとってよい期間になる事を願っております。



あと関連商品も貼っときます。

畑の一年

畑の一年

田んぼの一年

田んぼの一年

雑木林の一年

雑木林の一年


今週のお題ゴールデンウィーク2017」

無印良品でオシャレブックカバー

勝手に言及失礼します。



ちょうど本のカバー自作してやろうとか考えていた時にこのエントリーを拝見しました。無印大好きな僕にとってありがたいエントリーでした。しかも白は透けるとまであったのでかなり参考になりました。


早速やってみました。

僕がやったのは週末に買ったこの本
NHKラジオ 実践ビジネス英語 2017年3月号 [雑誌] (NHKテキスト)

サイズはA5

NHKの教材で音読しまくるチャレンジをしています。その為本の痛みが激しいんです。扱いが雑なだけかな?


まずは端をセロハンテープで補強

ん〜見えづらい汗

次に無印のこれ
https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738994565?searchno=3
もう販売してないみたいですね…

やり方はこう

上下に下準備として折目をつけるのはこのやり方が書いてある厚紙を定規の代わりに使えます。



そしてそして…










ドドーン!

id:mocacaさんのエントリーにもありましたが、布のような手触りなのに紙素材という。なんか高級感が感じられます。


開いたらこんな感じ




すげぇいいよ!




いい加減にやったから長さがバラバラになったけど(笑)あとNHKのテキストって事で、サイズがA5だったのと厚みも1cmくらいですがうまく出来ました。内側に織り込む範囲が広がって外れにくいです。


まとめ

かなり簡単にオサレに出来ました。ちゃんとしたカバーを買ってしまうと飽きた時にまた捨てづらいなって思ったりもしていたので本当によかったです。間違えて折ってもさほど目立たないのでズボラな僕にはピッタリです。


それにしてもさらに音読に力が入りそうです!



しかし無印は色んなものあるなぁ。まだまだいいものありそう。



半年が過ぎましたが未だに使えてます。さすがに僕の使い方が雑だからへたってきてはいますが、見た目もほぼ変わりなし。今はもう売ってないみたいなんで、またまた何か新シリーズが出る事を期待しています。(2017/10/14追記)

100個チャレンジ - ルール編 -

さて前回のエントリーの続きです。

今日は「8つのルール」から紹介して、僕なりの色もつけていきたいと思います。

ルールを紹介する前の大前提があります。

実家のモノはカウントしない

今住んでいる住居のものだけでチャレンジします。

ゆくゆくは処分しないといけいものばかりですけどね。


8つのルール

まずは本書からルールの見出しを紹介します。

その1 これは自分だけの挑戦とする
その2 「私物」の定義
その3 本
その4 電子媒体
その5 「まとまり」として数えるアイテム
その6 道具
その7 ギフト
その8 新しいもの


みたらなんとなく想像つくものばからりですよね。


その1 (採用)

筆者も本の中で書いてますが、彼が有名になってからチャレンジをした人がやり方を間違えてしまい、家族から酷い仕打ちを受けるようになってしまったとクレームがきた事があるそうです。まぁ、御門違いな気もしますけどね(笑)やはり人にはそれぞれ「自分の感覚」があります。どれだけ価値観があっていると思っても100%は合わないんです。安易に相手もそう思ってると思わない事が大事です。


その2 (採用+独自な基準を追加)

これは難しいと思います。
筆者の方針はこうです、

一個単位でしか数えない。
共有アイテムは、もっと主観的な判断で決めることにした。

主観的な判断という事は1つとしてカウントしたければするしそうでなければしないということでしょう。
ちなみに共有アイテムとはベッドとかソファとかテーブルなどがそれに当たるでしょう。

「ルールその2: 私物」についてですが、僕の独断と偏見でどうにか出来るもの、処分とかしても誰への影響がないものというのを追加しようと思います。


その3 (???)

当初は本も1冊ずつを最小単位にしようとしていましたからね。
ちなみに筆者は本棚を最小単位にしていました。
うちは本棚と呼べるものがありません。かと言ってこのチャレンジの為に本棚を買うのは本末転倒なのでやりながら考えます。
そのうち1冊を最小単位にしたいと思ってます。

その4 (採用)

と言っても、筆者の電子媒体(写真・音楽など)をそもそもあまりないらしい。だからあまりそれに煩わされる事がないんでしょう。僕はというと写真は撮るものの現像せず放置、聴きもしない音楽をタイトルunknownで保存と怠惰な管理をしています。でもそれを言い出したら絶対無理です。だから対象外にします。とは言え電子媒体は電子媒体で別にきちんと整理しないといけないですけどね。


その5 (採用)

これには下着や靴下があたります。
これは下着と言う項目を1つとしてカウント。本棚と同じ考え方ですね。たしかに枚数制限したら洗濯のサイクルまで制限することになりますからね。


その6 (不採用)

筆者独特だと思います。
というのも筆者は木工職人になりたいくらい木工が好きで道具をいっぱい持っていたから。僕には当てはまりません。

その7 (採用)

ギフトも厄介だ。
結婚式の引き出物とかどうしようもならないものも発生します。誰からからもらったとなると簡単には手放せない。ちなみに筆者は

100個チャレンジのリストに加えるかどうかを猶予期間の7日間に決める

といっています。


その8 (採用)

新しいものについてはこうです、

新しいものはいつ買ってもいい。ただ、いつでもリストの合計を100個以内に収めるのが条件だ。そして、もし何かを「買い換える」のであれば、新しいものを買う前に、古いものを捨てなくてはならない

以上の8つです。基本的に「採用」とあるものを基にやっていきます。筆者もそうですが、僕も例外を作ります。

例外 : やりながらルールの改正を認める


前回のエントリーで書きましたが、僕の目的は


自分が何をどれだけ持っていて、どこに何があるか知っている状態にしたい


それにするには100個が妥当だなという判断なんで、100個に収まればいいので、状況に応じてルールの改正は行うと思います。

期間

これについては筆者はこう言ってます

2008年11月12日から、39歳の誕生日である2009年11月12日まで、私物100個のみで暮らす。

そう一年間なんです。その一年で大量消費の体質から抜け出してしまおうと考えたそうです。その後はチャレンジをする必要がないように。

僕の場合は「これをやってるんだ!」って自分に言い聞かせる意味でも期間は設けないつもりです。ただ、100個に減らすのは今年中に達成する予定です。


これからに向けて

さてルールは決まりました。後は実行です。近いうちに有給をとり一切合切狂ったように棚卸しをして身軽な男になりたいと思います。

次回からは「私物仕分け」です。事業仕分けみたいですね。

100個じゃだめなんですか?


The 100 Thing Challenge: How I Got Rid of Almost Everything, Remade My Life, and Regained My Soul

The 100 Thing Challenge: How I Got Rid of Almost Everything, Remade My Life, and Regained My Soul

100個チャレンジ 生きるために必要なモノは、そんなに多くない

早速「100個チャレンジ」を読んでみた

今日は読んでみた感想を書いてみます。


たまたま本屋に在庫がなくて買えなかったんですが、図書館にあったので借りて読んで見ました。


本自体は全てがHow toとい訳ではなく、8つのルール以外は筆者の個人的なバックグラウンドかとかどういう経緯でチャレンジをする事になったかなど、そしてその後が書いてある。「その後」とあるように、筆者はこのチャレンジを一生やるつもりではなかったらしい。ある程度準備をしてから1年間100個のものだけでくらしてみるという生活をしたのだ。

何故100個チャレンジ

そんな本書を読んでみて、僕がどうして物を100個まで絞りたいと思うようになったかを改めて認識出来たのがまず収穫だった。


筆者はアメリカ文化特有の「消費行動」のせいで自分を見失いそうになった。と言っている。

モノだらけの生活を送っていることで結局、手に入れるべきではないもの、手に入らないものを追い求めているのではないかという疑問がわいた。少しずつ、あるべき自分らしさが失われ、なりたくない人間になっついるような気がした


ちなみに100個という数字は特にこだわりがあるわけではないそうです。10じゃ少ないし1,000じゃチャレンジにはならないって。


そもそもなぜ僕がこんな考えに行き着いたのか?グーグルで「100個しかものを持たない」みたいな検索をしたか。この本を読んで改めて考えてみました。


出た答えは


自分が何をどれだけ持っていて、どこに何があるか知っている状態にしたい


これですね。


その為にはものを減らさないと、まぁ100個くらいかな?って。なんか100点満点みたいでよくないすか?


だから逆に言うと、把握出来てさえすれば100個以上でもいいんです。


ぼくの場合はものがたくさんあるだけで、気が散って一つの事に集中出来なくなるんです。マルチタスクか苦手です。それを解消したいんです。



実は単純

物を減らすのは簡単だと思うんです。自分次第ですからね。でも思い出、経験、体裁その他の事が判断を鈍らせたり、先延ばしにさせたり、はぐらかしたりさせるんですよね。


例えば僕が捨てれない「プロ野球チップスカード」


去年2016年は広島カープがリーグ優勝を果たしました。そして黒田投手が引退しました。なら黒田投手のカードはプレミアがでるんじゃないか?息子が野球を始めたら「いる!」って言うんじゃないか?誰かにあげた途端に価値がで始めたりしないだろうか?とか。


僕が持っている「ガン消し」や「ドラゴンボールカードダス」もそんな思いがあって今まで数十年捨てずにきましたが、なんの恩恵も受けたことはありません。


コレクションてワインと違って寝かせても価値が上がるわけじゃないですから。「旬」があってそれを逃せばただのゴミみたいになります。そしてそのゴミの保管場所に賃貸料を払い、さらに収納の事とがで夫婦喧嘩したりするわけです。


バカバカしいかにもほどがあります。


ベジータならきっとこう言うでしょう。


反吐がでるぜっ!


屁もでます。


もとい、次に引越しをするときに無駄な引取賃を払いたくありません。日々ものを支配して査定しておく必要があります。


本書からゲットした「8つのルール」を基に自分用にアレンジして設定したマイルールでチャレンジをしていきたいと思います。


最後に

筆者が本書の中で次の用に言ってます。

最高の1日を過ごすのにたった20個のものしか使っていなかった。

その日はサーフィンをしたようなんですが、そんな特別な日でさえ20個なんです。日々のルーティンワークで使うものがそれ以下で済むのは言うまでもありません。

たこうも言ってます。

タップダンスを踊る五歳のフィービーはとても可愛らしかった。いい写真もとれた。ところが、写真を撮っていた事は覚えていても、娘が踊っていたその瞬間については覚えていないのだ。中略、私たちはモノを持たない自分を信用しない事が多々ある。往々にして、モノは人生を豊かにしてくれるどころか、むしろ一瞬一瞬を思い切り生きる邪魔をする

それでもモノが要りますか?

僕は要りません。

要りませんというか、モノに振り回されるのはごめんです。

本当に必要なモノだけを見極められる人になりたいです。

モノで埋め尽くされて視界が悪かった人生はもう終わりにしましょう。

次からいよいよ今日のエントリーでも何度か出てきた「8つのルール」を紹介すると同時に、僕なりの解釈とアレンジで僕のルールも紹介していきます。


次回もお付き合い頂ければ幸いです。

セリアのドアストッパーは秀逸

「安かろう悪かろう」

どうしてもこう考えがちです。

でもセリアで良いものを見つけたんです。

それがこれ!

ストッパーの幅が大体12cm
食器棚の木の部分の奥行きが大体1cm

開いた時はこんな感じ。4cm弱開きます。

粘着力もガラスならバッチリです。

散々アカチャンホンポで使ったお金を返して欲しいです。

僕ますますセリア好きになりました。
最近セリアとかダイソーとかでDIYをして素晴らしいものを作る人がたくさんいますが、店に行って売ってる物をみたらやりたくなるのもうなずけます。

高い既製品を買っての満足感と安価なものを見極めてうまく組み合わせて1つのものを作り上げた時の満足感。どっちがすごいとか良いとかは言えませんが、僕は最近作り上げる方に興味が出始めました。

自分の基準に100%合う家具を探すのと自分の好きなようにDIYをするのどっちがいいんですかね?

まぁ、結局は好みか。

まぁ、いいや。

要するに視野を広げよう!

ってことです。


ん?


いや違う。

セリアへ行こう!


いや違うな?


なんだったかな?


あっ!


安かろう良かろうもあるってこと!


皆さんも良いものを見落とさないようにしましょうね!

セリア フィーチャリング トーマス

100円ショップのSeria(セリア)

ダイソーだけじゃない

はてなブログ内で「セリア」で検索したらかなり色々出て来ます。

店舗検索 | ダイソーと並んで?並ばせていいかわからんが日本では有名な100円ショップですよね。しかし最近は100円じゃないものがあったり100円とはおもえない便利品が販売されてます。

今回紹介するのはセリアの商品です。

見えにくいですが、トーマスの顔を上にズラしてトーマスの顎下付近に鉛筆を差し込んで鉛筆を削ります。

ペットボトルに差し込み口はこんな感じ

やり手のおばあちゃん

すごいですよね。これはこの前のクリスマスにメインのプレゼントの他にお義母さんからもらったものです。こう言うリーズナブルで的を得たプレゼントを選べるのはさすがだと思います。うちの両親には多分出来ません。

ちなみに、今日セリア行ったらトーマスグッズ以外に食器類に目を奪われました。





今食器を買い替えたいのでセリアはアリだと確信しました。