ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

きかんしゃトーマスについて大人の視点から考えてみる

follow us in feedly


みなさん知ってました?

トーマスが元々緑だったのを?
以前テレビで放送した「トーマスのはじめて物語」
で知りました。

僕はこっちの方が好きだなぁ…ってヤバいすっかりトーマス好きになってる。

ちなみに普通のトーマスはこれ

遊び過ぎてナンバリングがわかりませんが。


トーマスに謎を感じることが多々あります。

1番はトーマス達は自分達で動けるのか?それとも機関士ありきなのか?

「トーマス朝ごはんにおじゃま」という話では、ちょっとおだてられたトーマスが1人で走り出してしまい、結果汽笛は鳴らせないし1人で止まれないから家に激突という結果になる。


ここで疑問点が生じる。

まず、トーマスは自分で走れると思っていることだ。
で、途中で止まれないことに気付く。??なぜ??

また別の話では、真夜中に謎を探ったりするのに機関庫をでて問題を起こしたりする。この時は機関士が時間外勤務をしてるんだろうか?「トーマスは自走できない」ことを考えると、悪いのは機関士だが、そこを責めるシーンは一切ない。

そこで1つ考えてみた。
機関士達のパーソナリティ(性格)をきかんしゃトーマスという顔付き機関車にあてがっているのでは?だからパーシーもジェームスも全てあんな性格の機関士が乗っているんではないか?

直接機関士を責めたらトップハムハット卿(トーマス達が走るソドー鉄道を仕切る偉い人)によるパワハラ的な扱いが生々しくうつってしまう。機関車なら和らぐ。それを通して子供達に物事の良し悪しを伝える。

そういうことなんじゃないかね?といつも妻に話すと「ふん、そこまで考える人おらんよっ」て。

まぁ、そりゃそうですよね。

ちなみに、息子はダンカンという機関車が好きなんですが、こいつがまた勝手なやつで走りたくなくなったら橋の上で止まったりするんです。そんな大人にはなって欲しくないです。

話が緑のトーマスがいるんです!からそれましたが、なんだかんだ言って息子トーマス好きはまだまだ続きそうです。

追記: 2016/9/5
今更ながら疑惑が確信にかわりました。

"115にん"

人扱い!