読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

昔ながらの遊び

follow us in feedly

テレビゲーム反対!

と言いたいところですが、自分自身かなりやったのでなんとも言えません。所有したことあるのは、

初期のPlayStationPSPDS lite、初期のWiiゲームギアネオジオCDスーファミファミコンゲームボーイ。結構持ったことあるな!絶対息子には内緒にしとこ。

その時は楽しかったですよ確かに。でもある時思ってしまったんです。

現実に何も影響ない…

オマケに誰がやってもゴールは同じ…
誰がやってもドラクエ3のボスはゾーマ。光の玉が必要。

親が敷いたレールを歩かなければいけなかったむかしの人の様に、作者が作成したプログラム通りに操作、クリアをしなくてはいけない。

それに時間を取られてていては意味がない…
データは簡単に消えるし…

ドラクエのあの曲は悪夢だ…

だから、出来るだけ子供にはゲームをやらせたくない。外遊びかと思いきや小さい画面に向かう子供になって欲しくない。結局大人になったらスマホを触るんだし…

とは言えこれから小学生とかになれば、早い子ならその前からかな?みーんな持つんだろうなと思います。そして時間とか約束しても破るんだろうな。僕も破ってファミコンを取り上げられた経験者。でも今はゲームは妖怪ウォッチぷにぷにくらいしかしない。一生ゲームするって心に誓ってたはずなのに。

だから、無闇にダメだ〜っていってもしょうがないのかな?とも思います。

あとは、ゲーム以上に楽しいことを見つけさせてやることかな?スポーツでもなんでもいいけど。


あ!


ゲームの事に夢中になり過ぎてタイトル忘れてました。

そうそう、昔ながらのアナログゲームっていいですよね?

家族の距離が近い。

最近買ったのは写真にもあるけど、「だるま落とし」昔ながらのお菓子屋さん的な店でそこそこの値段で買いました。

至極単純ですが、意外とうまく落とせません。

これが果たして知育になるかどうかはわかりませんが「木のおもちゃ」だからいいんじゃないだろうか?ということで買いました。正直子供たちにはまだ、難しいです。9カ月になる娘には、だるまの胴体を転がしてやってます笑

もうちょっと大きくなった時、あーでもないこーでもないと言いながらやりたいもんです。

そして、僕が今最も子供にやって欲しいのは「竹馬」です。
毎年3月に県内で竹から作るワークショップみたいなのをやってるところがあるみたいなので、来年子供たちを連れて行く予定です。竹馬は足の指を巧みに使うのでかなり知育にはいいんじゃないかな?って。

それにしてもだるま落としみたいに社会にはびこるどうにもならやつら…オブラート溶かします!会社にはびこるどうにもならないやつらをスコーン!と落とせないもんだろうか?笑

追記: 先日ツイッターでこの記事について色々書かれていたのを見てびっくりしました。確かにゲームにも利点はあります。RPGもボスは同じでも、そこに行くまでの過程で様々な要素を加味して推測して進むというのはかなり頭を使います。なので、僕の書き方も良くなかったかもしれませんが、ゲームを全否定している訳ではありません。僕にとっては、ゲームより時間を費やさなければいけない、費やしたい事があるだけです。本文にも書きましたが携帯ゲームはしてますし。

だるま落とし 小 6寸

だるま落とし 小 6寸

だるま落とし 中 7寸

だるま落とし 中 7寸


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする