読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

子供への読み聞かせ絵本 - くんくんくん -

follow us in feedly

結局また雨です。
先日からの雨で通勤道路が土砂崩れで片側交互通行で困ってます。元気に通うことは出来るのでありがたいですが。

そんな雨の日は絵本の紹介をしたいと思います。
今日は公文の本を紹介したいと思います。
以前記事でもふれましたが、息子は生後半年くらいから2歳になる前まで、ベビー公文をしていました。

そんなベビー公文でもらった(買った?笑)本を紹介します。

息子が好きすぎて日に数十回読んだこともあります。
子供は同じ言葉を繰り返すのを覚えやすいみたいです。息子が覚えた初期の言葉の一つがくんくんくんでした。

ストーリーは主人公の犬が親とはぐれたネコの子と遭遇して母ネコを見つけるというもの。

何回も読むこっちとしても飽きるので、文字を読みながら色々な点に目をやって読み聞かせました。

よく見ると、ネコが話にワンシーンだけでてくるネズミに目をやったりするのは先日紹介した、「十二支のはじまり」に繋がるなあとか思いました。

まぁ、結局何がよかったのかはわかりませんが彼が読み聞かせにハマってくれたきっかけの本かなとは思います。

これから普通に公文から出ている本も買うようになりました。

今だったらこれがいいかも?

あめ ぽぽぽ (はじめてであうえほんシリーズ)

あめ ぽぽぽ (はじめてであうえほんシリーズ)

これを読んでから、実際傘を差して外を歩いて、

「ねっ!これが雨が傘にあたる音なんじゃね、あの絵本でみた!」

と話したりします。

絵本の世界で想像を膨らまして、現実にみたり体験できるものは体験させたら、より知育効果があるんじゃないかなと思います。

最近ちょっと早く寝かしつけることばかり考えていたので、もうちょっと絵本の時間を取りたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村