ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

子供のハイハイは長めに、親の気も長めに

follow us in feedly


9ヶ月の娘もいよいよ、つかまり立ちをしそうです。

そしておしゃべりもお兄ちゃんがいるせいか早い気がします。基本的に呼べばこっちを向いて、にこっとしてくれるし、この前はアカチャンホンポアンパンマンをみるとアンパンパンみたいなことを言ってました。カーテンに近づくとガッと掴んでいないいないばあ!が始まります。

せっかく娘は頑張って成長してくれてるのに僕は何もしてやれてないんです。特に読み聞かせ。正直息子の時ほど読んでやってません。忙しさに負けてしまいおざなりにしてました。しかし、やはり読み聞かせは我が家ではかなり重要な教育としているので、寝る前には読み聞かせをしようと思います。ただ、今2人を膝の上に乗せたら汗まみれでやばそうです笑。2人同時より、月齢にあった本をそれぞれ読んだ方がいいんだろうか?まぁ、娘がじっと聞いてくれればどっちでもいいんだろうけど。

そいえば、娘のハイハイ。

息子より力強い気がします。初めは片腕でほふく前進みたいな感じでしたが、今で両手をしっかり伸ばすバンバン進みます。息子より長い期間してる気もします。

ちなみに、早く立ったらすごい!ってなりがちですが、ハイハイをすっ飛ばしてしまうよりはハイハイをしっかりした方がいいみたいです。

歩けるようになった時、いざ転けそうになった時に手が出ず顔面から転けてしまう子が多いみたいなんです。もちろん男の子にもそうなってほしくないですが、女の子には特にそうなってほしくないですよね。

では、なぜ最近は早めに歩く子がふえてしまったか?

個人的な見解ですが、核家族化で家もコンパクトになりました。しかし暮らしは豊かになり一通りものがある。というよりもので溢れている。ということはハイハイするエリアより、物を置くスペースの方が広く、子供は目線より高いものに手を伸ばして掴まって、結局立ててしまう。という具合だと思います。

もちろん皆が皆そうなるとは限りませんが、確率は高いかもしれませんね。そういう点では我が家にはあまり、背の高い家具はないし、そもそも物は少ない方だからハイハイする期間が長いのかもしれません。

そう考える、ミニマリストというのは子育てにおいても理にかなったライフスタイルなんだと思いました。

今から歩き出したら更に気をつけないといけなくなりますが、娘だけでなく息子にも過保護にならない程度に助けたり見守ったりして成長を助けてやりたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村