読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飽きっぽい子育て父さんの日々のあれこれFYI

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

公園で知らない「お友達」との交流について

follow us in feedly

僕は子供と公園に行った時、知らない子供がきてその子のことを呼ぶ時は「お友達」と息子には表現しています。

明らかにおっきい子だったらお兄ちゃんお姉ちゃんていいます。

色々公園にはルールがあると思います。

  1. ボール遊び禁止
  2. 花火禁止

ナドナド。

明確なルールがあれば従いやすいです。しかし、初めて会うお友達やその親とのやりとりにはルールではなく「常識」や「臨機応変な対応」が適用されます。

これはルールを守るより大変じゃと思います。
たがら「自由」は逆に窮屈なんですね…

日曜日にいつもの公園にいきました。

だいたい朝早くいくのと、暑さであまり人はいません。少しすると、お母さんと1歳半の女の子が来ました。ボールを持っていたのでボール遊びをすると思いきや、やはり息子が砂遊びをしているのが気になるのか砂場に来ました。こちらもおはようとか、声をかけます。

お母さんは「あっちでボールであそぼ?」とか言わず娘の横に立ってるだけ。娘もまだあまり喋れず無言…ん〜じれったい。持っていたアンパマンのおもちゃを貸してあげるように息子にいいなんとか貸してあげました。

その後息子の砂場遊びに参加。

もちろん汚れますよね?おまけにキレイな格好をしてるからこっちも気が気じゃありません。

そう、こっちから貸してあげるよ!っていって貸してあげたから…

そのお母さんも、汚れるたびに大丈夫ですとは言ってくれるんじゃけど、本当は嫌そう…かと言ってあっちでボールで遊ぼう?とかも娘に言わない。娘の気をひこうとしたのか自分がブランコに乗ってみたり…

結局散々娘に振り回され最後は、まだ遊びたい泣きじゃくる娘を抱きかかえ帰ってました。

妻と「なんか悪いことしたね…」っと話しながら帰りました。

今度からは言われるまでは会話する程度にしたいと思います。そして「お友達」が何人かいる時は子供だけにしてみてもいいかも?そうしたら変な気も使わなくても済むかも笑

ただ、3歳以下はまだまだ目が離せないので親が周りにいた方がいいと思う。それ以上の子はある程度離れたとこから見ていて、子供達同士に任せて遊ばせるのがいいと何か本で読んだ事があります。

「貸して」とか「取られた・取った」は自分達で交渉した方が上手くいく。実は親が絡む事でwin-winじゃなくなる…とありました。

もちろん怪我しそうな時は親が出ないといけないと思いますが。

とにもかくにも、日々今まで使わなかった脳を使って勉強しながら僕も親としてレベルアップしていきたいなと思う今日この頃です。

追記: 公園には「お友達」だけでなく、「ワンちゃんなどの動物」も来ます。子供がその動物達にどのスタンスで近づけばいいかも難しい様に感じます。昨日(2016/8/14)に泥だらけの息子が真っ白なワンちゃんに近づこうとしました、僕的には正直飼い犬であってもそう簡単には触ってほしくないんです…昨日は息子が泥だらけだったので、ワンちゃん汚しちゃいけんけ触らんのよ!と言い飼い主さんとの距離は保てました。「触ってみる?」って言われたら距離もつかみやすいんですがね。

ちなみに公園には目に見えませんがポケモンもいます。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村