読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飽きっぽい子育て父さんの日々のあれこれFYI

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

おまるを使わずに…

follow us in feedly

基本的に激しい危険を共わない事は子供が「したい!」といえばさせてます。

昨日はついに自分から

アンパマンの使わん!
※アンパマンのとは便座に置くやつです

と言いだしました。

成長ポイントだ!見逃すな俺!

と思い、踏み台を持ってきてやりなんとか成功!もっと床に飛び散るんじゃないかとヒヤヒヤしていましたがなんとか。ただ、大人とちがい便器が汚いという認識が少ないせいかバンバン触ります。終わった後、なんとか石けんで手を洗って欲しくて、洗面所にフル〇ンのまま誘導。

「なんでトイレ🚹の水じゃためなん?」的な顔をしていたので、便器はね〜汚くてね〜それ触ったじゃろ〜?ほいじゃけ石けんでね〜…っと説明しましたよ。

しかし、踏み台に乗ってやってみる!と言いだしてくれたことに成長を感じました。う〇ちはまだですが…

親だけじゃここまで出来なかったかも…

ここに至るまでやはり、保育園がかなり良かったんだといつも妻と話します。本来なら親がやらなくてはいけないんですがね…まぁ、結局いつの年齢でも親より他人の言葉はよく聞くんですよ(笑)

最近は保育園の先生(よくうちの子の事を褒めてくれる、まぁ、どの子も褒めてるんでしょうが)が〇〇君は本当お兄ちゃんパンツ(布パンツ)で上手にオシッコできる様になりましたよ!もう完璧!と言ってくれます。

すんなり、褒めてやればいいのですが、僕はつい「う〇ちはどうですか?」いや〜親のいけないとこですよね。出来ないとこに目を向けてしまう。次の瞬間「ハッ」として、息子を褒めるんですが、やはり、直後に褒めてやったほうが効果があるみたいです。

お迎えから家まで大体15-20分なんですが、たまには漏らすことがあってチャイルドシートが大変な事になります…

ただ、出来るだけそこまでよく我慢出来た!事を褒めてやります。

保育園も、長めの通勤も全て親の都合ですからね。
とはいえ、僕もそんなに大人じゃないし、車中の「なんでなんで攻め」や息子が機嫌悪かったりするとイライラしてきます。だから顔にはでとると思うから気をつけないと。

う〇ちについても、「やってみる!」って自分から言うんですが、気張るのが便器の上では慣れないのかもしれません。なぜかクーラーの効かない部屋で汗まみれになってし気張ってます。

まぁ、1つずつ。

ちなみに、なぜ別の部屋で気張るのか?なんですが、1回、僕らが臭いけあっちでしんさい!って言ったからだと思います。たった1回言っただけで、ここまで徹底するなんて。それだけ親の言葉は堪えるんですね…ごめんよ。

でも…臭かったのは事実だから許しておくれ。

追記(8/15/2016): 14日の風呂上がりに"お兄ちゃんパンツ"を履くと意気込む息子。寝る前に夜用にせねば!と思っていたのを忘れ朝を迎えました。
朝息子が、「おしっこ…」と。ん?オムツじゃろうに、すればいい…のに?
そう、お兄ちゃんパンツのまま寝てたのです。しかも漏らさずに。しっこは本当に大丈夫かも?

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする