読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飽きっぽい子育て父さんの日々のあれこれFYI

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

キライな人との接し方

雑記
follow us in feedly

僕は結構温厚で波風立てないのを選ぶタイプです。まぁ余程の事がない限り自分が引いて終わらせます。でもキライな人います。
心理学とか一切わからんし、専門的な話はググればでてくるでしょう。ここからは完全に僕の経験則です。


なぜ僕は人をキライになるか?

今までキライになった人を思い浮かべてみました。

  • 法人営業時代の上司
  • 窓口業務での店長
  • 一般常識のない後輩
  • ムダに社歴の長い女性の先輩社員
  • 自分にしか興味がない先輩社員
  • 日本人をバカにする外国人上司

って会社関係者ばかりですね。

そりゃそうか、会社は毎日合わないといけないから。
プライベートなら会いたくなけりゃ合わなくても済む確率は高いし。

さぁなんで、僕は彼らのことをキライになったんでしょうか?別に僕が非常に優秀で彼らより仕事ができる!というわけでは決してありません。

ただ、たった一つ彼らよりは優れているなと思うところがあります。だからキライになったんだと思います。

「相手の話を聞く、そして受け入れる」

みなさん出来てますか?

まぁ、管理職の方は上からの圧力等もあり言わざるを得ない状況があるのかもしれません。先輩や同僚にしても自分より社歴が長ければ偉ぶりたくなるのはわかります。

だからと言って相手の意見を頭ごなしに…

そう忘れてました、彼らは頭ごなしなんです。

上司あるいは、社歴の長い自分の考えが正しいに決まってる!

ある一種の病気ですよほんま。もちろん人間誰でもそういう一面はあります。

だけど、あまりに頑な。

本当面白いくらい共通しています。

論破してやりたくなる時もありますが、会社関係だとやはり、波風立てない方が賢明なのは僕でもわかります。

気づいちゃったんです

バカな奴とやりあう必要がない、逆にこっちから懐に入ってみてやろうかな?

ってね。結構使えた。ほぼ有効活用できました。

やはり人間で感情がある生き物ですから、「あいつ俺の事嫌っとるなぁ」って思ったら自然と辛くあたるか、とにかく優しくはしないですよね?

だから、こっちから擦り寄ると面白い様に食いつきます。

そりゃ、そうですよね自分が尊重されとると錯覚するから(笑)

法人営業時代の上司の場合

中途採用の僕は、売れなくて目をつけられてました。でも売れないものは売れない。一回サボって社用車で寝てたら、「おはよう」って携帯にかかってきて思わず周り見渡した事があります。

しかしある時これじゃあ、さすがに毎日詰められてサボれなくなったら嫌だなってことになったんです。(笑)

僕らが取った作戦月に数回ランチにも誘うでした。
幸い先輩社員にも相手にされてない上司だったので、もうテキメンでした。

ランチのあとは、ミスタードーナツてお茶して挙げ句の果てに、僕がゴルフを始めたいんすよ〜というと、試打でもいってみる?って。


まぁ、本人気づいてないですけどね。

それからというもの、同じ事をしても叱られないしちょっとエクセルとかで営業に使えそうなのを作ったら褒められたり楽でしたよ。

たまたま僕は有効活用出来たけど

まぁ、僕がやったこの手法が万人に有効ではないのは百も承知です。でも、嫌だからってそればっかりでももっとダメって事。辞めて済むならいいんですけどね。

引いてダメなら押してみな

とでもいいましょうか。試してみる価値はあると思います。

デメリットももちろんあります

僕の場合は相手がアホな上司だったので、自分の過去の栄光を数えきれないくらい話してきます。出川並みのリアクションを会得してください。僕はタバコはすいませんが、相手は吸うしコーヒーとタバコで内蔵も悪いのかな?口臭がヤバかったです。アレみたいでした。を近距離で嗅ぐことになります。

ちなみに…

もしかしたら、すり寄って話をしているうちに上司の気持ちもわかってくる可能性もあります。

まとめ

なんだかんだ言って御飯を食べていく為に、雇われて嫌な職場でも働かないといけないのが現状です。だとしたら、いやな仕事をしなければいけないなら、少しでも自分の負担を減らして仕事をしやすく出来る方法を試してみるのも一つです。
日本が成果主義になったとは言えまだまだ、抜け切れてないのも現状です。成果を伸ばす一つの手だと思い色々試してみるのもいいんじゃないでしょうか?


最後の最後に

注意です!相手はこっちが気を使ってすり寄っているのは全く気付きません。むしろ敬われてると思ってますから自分から相手に過度な期待はしてはいけません。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする