ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

こんな店は2度行かない 潰れてしまえばいい

follow us in feedly


サービス業の方は本当に注意してくださいね。

接客

今まで僕も接客業はわずかながら経験していますから接客すると側の気持ちも少しはわかるので、少々のミスや戸惑ってしまって時間がかかるのは許します。特に研修中とかなら河「大変じゃね、頑張って」とか声かけたくなります。

しかし、それは店員の態度によります。


どうしても許せなかった接客

一応店名は伏せますが、あるお好み焼きとたこ焼きを販売している店です。

妻と一緒に普通のお好み焼き(肉玉そば)を注文しようと待っていました。

すると何やら僕らの前で客と店員が話をしていました。どうやら注文していたお好み焼きとは違うのが出てきたみたいなんです。

僕は正直胸騒ぎがしました…いや、まさかな…

店員は客に謝罪をして、その作りそこなったお好み焼きを鉄板へ戻していました。

そこで、妻が注文しました。

やはり胸騒ぎが収まりません。

勘のいい人はお気付きかもしれませんがもうちょっとお付き合い下さい。

そこで、店員が「よかったぁ!」みたいな感じでざわざわしているんです。

ここからがさらにムカつくポイントです

あろうことか、準備出来次第お呼びしますのでこちらを…というあのポケベルみたいなやつを渡してきたんです。

ここではまだ僕も何も言いません。まだ事は起きていませんからね。

しかし事件は起きました。僕の予想通りに

2分後にブザーがなったんです。

バカかっ!!

2分で出来るお好み焼きがあるか!冷凍でも出来んわ。

こいつらやりやがった!
その証拠に裏が焼きすぎて焦げまくってました。

僕はカウンターに詰め寄りました。それでも穏便に話をして、今すぐ作り直せと。言い訳をしなかったので確信犯です。

次の瞬間です。

妻がキレて責任者を出せ!と。

僕は怒るに怒れなくなりました。

その後、責任者的なやつは出てきましたが心に誓いました。

こんな店は2度といかない。


それ以来行ってません。

カウンターにいるのは代表選手

会社の上層部の不祥事で会社の評判が落ちる事もあれば、店頭スタッフの接客で企業として足元をすくわれることだってあるのです。

一時期あったコンビニのアイスケースに入って写メをツイッターにあげたりしてましたよね。あんなのも、客からしたらコンビニはコンビニです。オーナーが違うなんてのは関係ありません。あんなことがあったコンビニにはもう行かないっ!って全く関係ない店舗にいかなくなることだってあるのです。

いくらバイトでもお金をもらっている限り、客からしたら社員もバイトも関係ありません。


こんな提案があれば違ったかも…

まぁ、食品だからいやですけど偽装工作をする前に、正直に伝えてくれたら、こちらとしては早く食べれるしてはよかったかなとも思います。そのお好み焼きはまだ手付かずなわけだし。

分かれ道でしたね。


最後に

まぁ、僕的には店がどうなろうとしったこっちゃありません。ただ、値段以上に接客が大事だということは肝に銘じて欲しいです。安いからサービスが悪いというのは全く関係ありませんからね。

そんな店行くよりカープうまい棒ソース味の方がええわっ!




にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村