ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

カープに頼りたい広島の人の思い。

follow us in feedly

カープは25年ぶりのリーグ優勝。
今回は日本一になってもらいたいです。

さて今日はなぜこんなにもカープ優勝が大きな扇風を巻き起こしているか?またなぜ人々は歓喜の涙を流すのか?について書いてみたいと思います。

去年流行語大賞にノミネートされた「カープ女子」を見てもわかるようにとにかくヤングな女子のファンが急増しています。そしてそれにつられるように男性ももちろん好きで相乗効果でファンは増え、今やビジターゲームでも信じられないくらい真っ赤です。

そして、黒田選手や新井選手というレジェンド的選手が広島に帰ってきました。そして優勝。もう広島がいや、日本中のファンが泣くのは必至です。


確かに嬉しいですよ!広島カープといえば戦後の復興の象徴ですからね。

僕も泣きました。緒方監督の引退試合でも泣きました。

でも、泣くってすごくないですか?
他のチーム、あるいは他のスポーツでもそうかもしれませんが。

ファンであっても当事者ではない。関係者でもない。でも泣く。溢れ出る涙。


僕の考えはこうです。

最近何かに向かって一生懸命やり続けて、失敗して悔し涙成功して嬉し涙ってのを流した事がない。考えてみたら。

日々の生活に追われて精一杯。時間があれば休みたいとか家の事をしたい。

となると、中々何かにのめり込んで競ったり切磋琢磨する事が大人になるにつれて減ってきたのは確か。

多分それをカープと言う野球チームに自分の分を頑張ってもらい自分と重ね合わせながら応援しているんだと思う。

じゃなかったら負けそうになったら吐きそうになって、やりきれない気持ちになったり、勝ちまくったら何度もファンと話し合い喜び、時には「メークドラマがあったから油断できない」とか言って油断しようがないのに心配してみたりしないだろう。

そんなチームが広島にはある。

僕にとってはそれが野球だったけど、スポーツの素晴らしいとこはそこだと今回のカープの優勝を見て思いました。なんのスポーツでもいいと思う。オリンピックなんかもそうだと思う。

ただ、カープはさっきも書いたけど戦後の復興の人々の支えになっていたというのは他とはちょっと違うかもしれません。

そして、不景気の中喘ぎ苦しみながら働きいつか今より良い位置にいくんだ!という自分達の姿をカープに重ね合わせているのかもしれません。


また先走った自分の気持ちを書いてしまいましたが、改めて地元にそういうチーム、広島カープがある事に感謝です。今日また帰って優勝決定戦みよ。

ちなみに、

というふうにも言われてますから、やはりカープは僕らの心を癒してくれてるんですね。

あと、もう2回さらに癒してくれ!



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする