ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

まさかの…に夫婦でクリビツドン

follow us in feedly


それはまさに娘の誕生日の出来事でした。

妻から「誕生日プレゼント…」とLINEが来ました。
僕らは娘はまだ1歳だし特別なプレゼント自体(おもちゃ的なもの)は買わないと話していました。

そんな中きた妻からのLINEメッセージ。

なにやら写真が付いている…

開くと…

保育所等入所承諾書」

そう、お兄ちゃんと同じ保育園に入園出来るんです。

結局妻は1ヶ月弱の育休延長でした。

僕は妻がいきなり仕事復帰だし(まだ当分入れんだろうと思っていた)、大変だなあ…って思ってましたが、僕も2人を登園させるんだ!ってちょっと焦り始めました。

みんな大変です。

娘はあまり離乳食を食べんし。

でも、世の中的に言えば非常にありがたいことです。

入園まで

今回入園までの流れをまとめてみます。

  • 9月入園予定だった(慣らし保育14日間の後妻は復帰する予定だった)
  • 9月入園が出来なかった(定員まで3人空きがあったにもかかわらず)
  1. 園児に対して先生が不足していた
  2. 園舎の工事の関係
  3. 調乳室の関係

など単発で色々情報を入手しましたが、入園可能になった今、情報を総合して考えると…

満1歳未満の園児を10人以上を受け入れようとすると、先生が3名以上いる。しかし採用されなかった為9月入園(9月入園希望時は11ヶ月の為)出来なかった。しかし満1歳になることで牛乳を与えることが可能になる。そこで先生がもう1人採用されてなくても大丈夫となる。

だから入園できたんじゃないかな?と色々な方面からゲットした情報を元に考えてみました。

保育園は具体的には入園に関して何も教えてくれませんからね。これは意地悪とかじゃなくて。

だから、まぁ本当の理由はわからんのんですがね。

とにかく今から約1ヶ月弱、家族で新しい生活スタイルに向けて取り組んで行きます。

娘は泣くでしょうがお兄ちゃんがいるってのは心強いはずですから、少し安心していいかな?

頼むぞ兄貴!

それにしても妻が育児休暇中は家事に関して妻におんぶに抱っこだったんで、僕も頑張らねば…



ちなみに余談ですが…
小さい頃はあっという間だから今は親とおってあげたほうが良いと思う反面、家で子供を見た場合核家族なので、お母さん(主夫家庭ではお父さん)が1人で相手にすることになる。それはそれで中々大変だ、親にとっても子供にとっても。うちの息子は保育園で色々なことを吸収してくる。良くも悪くも、そして彼なりに我慢しながら…

近親者(祖父母、あるいは「とと姉ちゃん」みたいに三姉妹が1つ屋根の下に住んで、1人が他の子供の面倒をみて他の人は働きにでる)が面倒をみるのがやはりいいんですかね?
う〜ん、やはりベストアンサーは何かわからんなぁ。


村民ランキング参加してます!応援お願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする