ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

歳はとっても気をつけたいことがあるよね

follow us in feedly

公の場での言葉使いには気をつけましょう。


35歳を超えてくるとかなりオッサン感が出てきます。様々なサービスを受けるときに接客してくれる人が年下というのも増えてきます。僕もついつい話しかけてしまいます。そういう時に垣間見える「歳のとり方」を周りは見ています。

どんな人が気をつけるべきか?

基本的には家族じゃない限り他人には敬語を使うべきだと僕は思ってます。しかし、ある程度年配(60歳以上)はなんでもあり世代に入って来ます。逆に優しく自分の孫と接するかのごとく話しかけられたら癒されます。(もちろん人によります)

現役で働く世代のオッサン、オバサン(35歳以上60歳未満)は危険です。なんかもう自分より若い子に対しては、自分が上に立ってると勘違いしてタメ口というか敬語を使わなくなります。

どんなシチュエーションで気をつけるべきか?

個人的な見解だといつでも気をつけるべきです。
もちろん闇雲に敬語というのも不自然な時もあります。例えば明らかに10代の子がバイト中に、客の前で失敗したとか、確実に自分より年下というのがわかった時です。そんな時は逆に優しく「頑張ってね」と言ったあげましょう。少なくとも僕なら嬉しいです。

こんな事考えたのは、歯医者に行った時に不快な感情を抱いてしまったからなんです。受付で子連れの父親と息子(小学生くらい)が会計を済ませて次回の予約について話してました。見た目も割と若く小学生の父親ですから、おそらく30代後半から40代前半でしょう。どこか気取った感じがしました。それもあってか彼の「タメ口」が非常に気になりました。あくまでも、こちらはお金を払ってはいますが「治療」をしてもらっている立場です。究極言えば、他のショッピングにしたって飲食にしたって「お金を払っているから」とは言え横柄な態度を取るまでは許されないんですよ。ましてや、子供だって見てますよ。まぁ、もしかしたら受付の方と知り合いなのかも知れせんが。

ちなみにその父親、「うん」という返事を連発してました。

うん

[感]
1 相手の言ったことに同意するときなどに発する声。親しい人に対して用い、「はい」「ええ」よりも丁寧さが低い。「『一緒に帰ろうか』『うんいいよ』」
2 力を入れて動作をするときに思わず発する声。「うんとばかりに踏んづける」

コトバンクより

気をつけましょうね。

すいません

完全に個人的な意見ですが、そういう人を見ると「バカだな」って思っちゃいます。これって「面接に金髪でくるなんて!」を受け入れられないのと同じくらい世の中的な常識にとらわれた考え方なんですかね?まぁ、それならそれでいいですがこんな考え方の人は世の中にまだ沢山いるし、バカだな〜って思われたくないので僕は気をつけようと思います。

帰り際に子供に「ありがとうございますって言いなさい」みたいな事言ってましたが。僕は心の中で「はぁ?」でしたよ。

あなた次第

こんな大したとないただのサラリーマンにこんなこと思われてるなんて本人は知らないでしょう。しかし、どんだけスキルを持っていて有能な人でも、そんな些細な事で足元を掬われる事もあるって事です。結局は人対人ですからね。また厄介な事にそういう人に限って自分の事はさて置いて人の事言ったりするんですよね…

まとめ

やはり、公の場で最低限のマナーは守りましょう。
それだけです。




ちなみに担当の気さくで笑顔の素敵な歯科衛生士さんに教えて貰った「ポイントブラシ」と言うものを初めてしりました。通常の歯ブラシ後に仕上げ磨きで使うと良いみたいです。届きにくいとこもピンポイントで磨けます。歯医者で買って帰りましたよ。磨き残しってありますからね〜。