ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

エゴの塊の館へようこそ

follow us in feedly

先日某写真館で娘の1歳の記念と家族写真を撮影しにいきました。子供が生まれると撮影する機会が増えました。

確かに普段出来ない撮影だし衣装も着れるし思い出にはなります。でも子供が小さいうち、特に1歳以降(歩けたり、しゃべれたり、言うこと聞かなかったり)する時期は確実にやめた方がいいと確信しました。

息子が1歳になる前(お宮参りとか)くらいから写真館は撮るようになりました。1歳なる前だと正直まだやりやすいです。歩いたり出来るようになる前ですからね。しかし、息子が1歳になるころから雲行きが怪しくなりました。

そりゃもう「イヤイヤ」で笑わない。仕舞いにゃ時間空けてまた来ますって言ってモールとかで時間調整する始末。去年の七五三も同じような事態。羽織袴を着て息子1人での写真は諦めました。

そして今年。今年は息子3歳、娘1歳の最強コンビの誕生です。土曜日にチャレンジして家族写真と娘のワンカットは無事終了。娘の残るワンカットが取れず月曜日再びチャレンジしました。結果は…お察しの通りです。写真館の方が満足行く笑顔の写真は取れず。

エゴだよね1

先ず第一に「子供は嫌がってる」。子供が嫌がってもしないといけない又はした方がいいこともあります。でも今回の写真の件は確実にしなくてもいい。

子供からしたら、「なんでこんなに泣いてるのに、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんまでちょっと笑ったり、何なら"もぉ〜"みたいな顔するの?挙げ句の果てに写真撮る人に謝ったり。それにしても写真館の人の"こっちを向いて!"の時の口から出るトゥルルルみたいなサウンドは何?」とか思ってるに違いありません。エゴだよね?

エゴだよね2

写真館の衣装や機嫌をとるためにあるおもちゃの不潔さときたらたまりません。普段なら絶対触らせないのに機嫌とるためならそんなことお構いなしです。ましてや、これからインフルエンザの季節なのに、密集度の高い場所に行くなんて…エゴだよね?

エゴだよね3

値段ね値段。普段ならやっすい写真代を払いたくないくせに、こんな時は普通に出すよね。エゴだよね?

このように

時間・お金・ストレス(子供親共に)・病気感染の可能性という危険にさらされながらも撮影した写真を始めの頃しかみないという結果になっても続けてしまう。なんなんですかね?この時間を笑顔で公園で遊ぶ時間に充てた方が絶対良い。

まとめ

妻とも話しましたが来年からは撮りません。
普段嫌がらずに撮る写真の方がよっぽどいい思い出です。

別に写真館を否定しているわけではありません。写真館は非日常的な写真を撮ってくれますからね。還暦とか大人が撮影する分には特に。ただ今のところウチは合わないなってだけです。

みんなやるからってのに流されずにしたいものですね。

広告を非表示にする