読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

買い与えるのは悪でしょうか?

follow us in feedly

以前こんなツイートをしました。
だからと言ってなんでも買い与えるのはいけませんよね。わかってますよ。でも的を得てますよね?今は世の中で言う「勉強」や「習い事」に使う価値があるとされてます。だから湯水の様にお金をかければ賢く良い子になる!と信じられてます。でももし、これが逆だったら?つまりこの先この「勉強」に全く価値が無くなってしまって全く別のモノに価値が移ってしまったら?それでも「勉強」や「習い事」にお金を使いますか?トーマスのキャラの名前全部言えたら給料100万の職にありつけるならいくらでも払うでしょ?今はこんな価値感じゃないけど、オモチャにお金かけたら将来の為に何にもならないって事は誰も否定出来ないですよ。

今から今日の僕の行動を正当化します

そもそもプレゼント?

プレゼントって何なんですかね?誕生日だから、クリスマスだから〇〇だから…その時にあげた方がいいんですかね?誕生日はまぁ、なんかわからないでもないんですよ。でもクリスマスは意味不明。サンタさんを信じる信じないも、別に頑なにお父さんじゃないってバレないようにするのも要らない様な気がしてきました。大体お父さんでもお母さんでもなくただただ、サンタさんて言う、無条件にプレゼントをくれる西洋のおじいさんがいる事を植え付ける必要もないんじゃ?

サザエさんで、マスオさんが「サンタはお父さん」的な発言をして苦情が来たらしいんです。意味不明です。

本当に徹底して、「我慢」させたいなら親も相当な目的を持って覚悟を持って臨まないと。今日は頑張ったから特別にもう一個いいよ。とかは絶対ダメ。でも楽しいかな?

僕だって信じてましたよ

そんな僕もサンタ制度に小学校三年くらいまでは踊らされました。でも今思い返せば結構欲しい時に駄々をこねて特別な事が無くてもオモチャは買ってもらってました。だからと言って今ワガママに買いたい物を買いまくってるか?っていうとそんなことありません。結局自分も買ってもらってたから、息子にも厳しくしまくるのが苦手なんです。だから特に何もないのにこれ買いました。

トイザらス限定のプラレール「はじめて物語セット」。息子がたまたまYouTubeで発見して、僕が欲しくなって限定に弱く…い、いや息子が!息子が欲しいって!
オマケに最近メルカリでも色々買い与えてます。ダメ親ですね。

でも本は教育にいいから幾らでも買ってあげる!って言ってみたり、カープ観に行ったら親はしこたまグッズ買ってみたりしますけど子供からしたら意味わかりませんよね。幾ら親が稼いでるからって言っってもね。

色々な家庭の状況はあると思いますが、もし買い与えれるのにしない(我慢を覚えさせる為に)家庭がほとんどだったとして、無駄使いはしてはいけない、お金は降ってくるもんじゃないんだお父さんお母さんが一生懸命働いて稼いでくれたお金なんだ!って学んでいたら「断捨離」とか「ミニマリスト」なんて事は流行らなかったはずです。

何も言わずに買う

だから決めましたよ(変わるかもしれませんが)、買う時に「あえて何も言わない」ことに。〇〇だから買ったんよ!頑張ったもんね〜!とかの条件付きの方が良くない様に思えてきたから。

後は結局その他の「家庭の事情」じゃないでしょうか?我慢が出来ても親の愛が無ければロクな子には育たないでしょう。

ただ、職場の先輩から教えて貰ったブッダがせんせい 心を育てるこども仏教塾によると

欲求(ほしがる心)はみんなが持っていますが、我慢する心も一緒に持っていないといけないことを教えましょう。子どもの欲求に応えて安易に物を与えていると、欲求はエスカレートし、欲求不満がつのると子の心もあれてしまいます。ブッダは際限のない欲望(むさぼり)は人の心を苦しめる煩悩の代表だとして、いまの状態に満足し、欲しがる心を捨ててこそ、心安からに生きていけると教えています。
本文25ページより

だから初めにも書きましたが何もかもは与えるつもりはありません。だけど、人間の欲求はある程度ガス抜きガス抜き必要です。全部ダメでは全部ダメになってしまいます。

まぁなんだかんだ言って子育てを始めた人間が思う事で、「甘いな」って思われるかもしれません。でも同時に100%間違っているとも言い切れないはずです。

とりあえず今日買ったトーマスを息子と全力で遊びたいと思います。

広告を非表示にする