読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飽きっぽい子育て父さんの日々のあれこれFYI

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

6404-93-45-75-51-95-13

ひとりごと
follow us in feedly

「ベルトモナロウ」です。「イツナロウバ」じゃありません。濁点の打ち方忘れてましたよ。僕は最後のポケベル世代じゃないかな?MK5じゃなくMKNGM(マジで高校入学前)にドコモのポケベルセンティーFだったかな?買ってもらったのが僕の通信機器生活の始まりです。当時はまだ公衆電話も幅を利かせておりテレホンカードも余裕で普及してました。高校にある数台の公衆電話は先輩方がベル打ちするのに占拠されていました。その後PHSが流行りました。ポケベルの流れからドコモのPHS(以下ピッチ)を持ちました。しかしドコモのピッチ(僕が持っていた機種だけかな?)は1997年頃はメールが打てませんでした。そんな事は知らない僕は四苦八苦してましたが、結局DDI(KDDIの前身)のハイパーキャロッツなるピッチを手にしてウハウハだったの覚えてます。手当たり次第番号打って女の子の友達を作るのがクラスで流行ってました。そして大学入学付近で「携帯電話」の登場です。まだ液晶は緑とかオレンジ一色でした。ドコモの携帯はこれまたメールが打てませんでした。「iモード」が搭載された携帯がなかったんかな?とにかく不便でした。カラー液晶が搭載された携帯が出るということで、「J-PHONE」(現在のソフトバンク)に乗り換えて写メしまくったのをよく覚えてます。携帯で写真がとれて、さらに送受信できるなんて大学生にとっては超ありがたいものでした。前置きが長すぎましたが、そもそもなんでこんな記事をかいたかと言うとこんなニュースをみたからです。
NTTドコモの初期の絵文字がニューヨークの美術館でアンディウォーホルやピカソが展示されている同じ建物で展示されているとの事。この美術館のTwitterでemojiってあるけど、もはや英語じゃん!と同時に美術館に行くってそれをメインで使ってた人間にとってはいよいよ歳をとったな…と思わせる記事だなと思いました。それにしても時間がかかったとは言え2010年にUnicode Standard、要は世界基準になっとるんですね。ドコモやるじゃん!Do Communication Over the Mobileさんやるじゃん!しかし、次の10年の間にはどんな変化が起きるんだろう。そろそろテレパシーかな?

MajiでKoiする5秒前

MajiでKoiする5秒前

広告を非表示にする