読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

ミニマリストに黄信号

follow us in feedly

最近違和感です。ミニマリスト。マスコミニュケーションに踊らされてる感が否めないのは僕だけですか?ミニマリスト自体そろそろ限界ヨロシクじゃないでしょうか?かく言う僕も一時期ミニマリストになりたいみたいな事を考えてました。でも生活を良くしたい結果がミニマリストというか物が減ってしまうのか、ミニマリストになりたいから物を減らすのか?この二つは似て非なるものだと僕は思っています。僕は前者でありたいです。というか前者です。僕自身はミニマリストになりたい!と言うか物があり過ぎると気が散ってしまうし、いざと言う時にバックパックひとつで移動したいという気持ちが前からあったんです。あれもこれもって無理ですよ。だったら初めから物が無ければ移動しやすいじゃないか!って思ったんです。ただ、現実は残酷です。世の中に蔓延る「物」のチカラに平伏す毎日です。最近では広島東洋カープの25年ぶりリーグ優勝グッズを買いたい衝動に駆られるのと、買わないなんて非県民だ!って勝手に思い込んでビールかけTシャツだけは買いました。でもあとは買いません。価値がでるかも?って思ってずーっと持っておくのがなんだかなぁって思っちゃって。そういうのって後々なんにもならないこと多いし…優勝した年をしっかり楽しめた事だけで最高です!(本当は買いそびれたやっかみです。)あ、これは偶然貰いました。コンビニのおばちゃんありがとう。
ミニマリスト自体「ダイエット」と同じ贅沢病だと思っていて(ここだけハイライトしたのは後説明します。)、ただ物を減らすだけじゃ治らないと思ってます。どんな目的であれ、ミニマリストになりたいなら、きちんと自分と自分の生活や価値観まで向き合っていく必要があると思います。物を減らしてみて「無くても意外と快適に過ごせる」「無いなりの工夫」が発見出来たらレベルアップですよね。「ダメならまた買えば良い」って乱暴な思考は捨てて、例え100円の物でもしっかり考えていかないといけないなと思います。ダイエットだって後で走ればいい!って言う「カロリー」や「体重」にフォーカスしてしまうと、それを処理する為に使った臓器へのダメージや蓄積された添加物はどうしようもありませんからかね。
今から年末の大掃除シーズンが来るのでまたミニマリスト的大掃除みたいなのが出そうですね(笑)うちも不要なものは見極めていきます。


いて(俗に言う意識高い系の方々がメディアでよく使う表現。これに違和感を覚えるのは僕だけですか?これってフォーマルか?なんかカジュアルじゃないか?)すいませんどうでもいい事を。それではよい日曜日を。

広告を非表示にする