ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

監督者にお願いしたいこと

follow us in feedly

40代教師は、アナキンとかヒカキンの「キン」という意味で言ったつもりだった

!?

40歳過ぎてもこんな事を言い出すんですよ!しかも教師が。状況や良し悪しがわからないんです。こんな軽はずみな発言が人を傷つけるんですよ。このニュースを見て、思い出した事があるので書いて見たいと思います。


画像はFOMA N703iD サポート情報 | お客様サポート | NTTドコモより

何度か書いたことありますが、僕は携帯電話業界で働いていました。それはまだガラケー全盛期でした。ドコモで言えば佐藤可士和さんデザインのN703iDとかが流行っていた頃です。0円ケータイありまくりの、今からすれば古き良き時代です。当時月末に台数が達していなければ「自爆」と呼ばれるスタッフや家族名義で新規契約をして台数を伸ばす事をするのが簡単な時代でした。もちろん違反をしない程度にですよ?とは言えそんなことをすることなくとにかく売れました。まだ分割払いが始まるまえでした。土日はとにかく忙しく、休憩なんてとれませんでした。そんなある週末のことです。例に漏れず忙しく皆んな休憩を取る暇もなくカウンターで売り続けてました。携帯売るのって結構大変なんですよ。個人情報の塊ですからね。1番は個人情報を守る為の本人確認。ここから全てが始まります。お客様からしたら、いやいや本人だし!家族とも話してきとるけ大丈夫よ!早く処理してやっ!って思うことでしょう。そんなやりとりで泣かされる女性スタッフが沢山います。しかし何かあったらお客様もお店も終わりと思いながらやってたから、譲れません。もちろんスタッフの勉強不足って時もあるからなんとも言えませんがね。話をもどします、そんな忙しくしていた波も一旦引いて皆んなで忙しかったね〜なんて言ってると店長が一言…

「自分のキャパが大体わかるよね」

スタッフ全員「はぁ?」ですよ。一瞬どういう意味だ?と考えました。だって、くっそ忙しかったのが一旦落ち着いたところに店長が来たわけです。普通なら、まぁ僕なら「お疲れ様」と言いますよ。だからどうやら、いい意味では言ってないなぁと段々理解して来ました。ハラワタ煮えくり返り始めましたが、店頭だし今は我慢しようと抑えました。しかし時間が経つにつれ更に腹が立って来ました。ただでさえスタッフ不足な携帯業界です。いきなり来なくなるなんてことは異常事態じゃありません。だからこんな事を言う店長をのさばらせたらヤバイと思い、終礼で言ってやろうと決心したのです。この時まだ二十代半ばのひよっこな僕、しかも留学資金を貯める為だったし長く勤める気はありませんでした。副店長打診も断っていました。だから失うものは無いし残るスタッフの為にもと思い店長に冷静に伝えたのです。

「さっきの言い方は無いと思います。皆んなのモチベーションが下がります」

元々空気の読めない人で、信頼は薄いし要領は悪かったので、どこまで響いたかはわかりません。もしかしら店長はそれでも気を使い遠回しにもうちょっと頑張ろうね!って伝えたかったのかもしれません。確かにそう言う風に言うのが1番無駄が無く合理的かもしれません。最近思いますが、全てが合理的では、合理的では無くなる可能性があると言う事です。人間一人一人違うし、一人一人常識やバックグラウンドが違うし、合理的って思う理屈も違う。だから一言「お疲れ様、もう一息頑張ろう!」ぐらいあってもいいんじゃないでしょうか?多分数秒で済みますよ。僕らはロボットじゃない。店長だったら、最高のパフォーマンスをスタッフにさせる為にはやる気を出させる方法を考えるのが仕事だったりします。別に過度に気を使えと言うわけではありません。適宜状況判断をして、ケアしていく。結局それが店長であるあなたの評価を上げてくれるわけですからね。

気合い根性とかって言う、昭和のスポ根ドラマみたいな時代は終わったんです。まぁ、これは普段の生活にも言えますね、自分にとっては何気なく発した言葉が誰かの心には刺さっている。あれは重大、これなら大丈夫は無いんです。受け取り方はそれぞれですから。皆んな気を付けましょうね。



こんな記事も書いてます!

広告を非表示にする