読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

おさるのジョージ

follow us in feedly

ジョージといえば、山本譲司高橋ジョージが真っ先に浮かびますが今日のジョージは「おさるのジョージ」です。我が家ではこれを子供の英語教材にしています。



ちなみにwikipediaおさるのジョージ」によると

『ひとまねこざる』は、ハンス・アウグスト・レイとマーグレット・レイの夫妻による絵本のシリーズであるが、ハンス・レイの死後、この作品を原案にした『おさるのジョージ』シリーズがヴァイパー・インタラクティヴ(C. Becker, D. Fakkel, M. Jensen, S. SanGiacomo, C. Witte, C. Yu)によって1998年より制作され、挿絵はヴァイパーや、マーサ・ウェストン(Martha Weston)が担当した。レイ夫妻原作の作品も『おさるのジョージ』として紹介されることがある。


つまり、元々は「Curiou George」で邦題が「ひとまねこざる」。その後作者がかわり「おさるのジョージ」になったという事ですね。




知らんかった。



ご存知の方もいらっしゃいますが、ジョージは超かしこいです。猿っぽいところは服を着ていない、言葉は喋れない(英語リスニングは完璧)くらいです。ただジョージが住むコミュニティは猿がいても普通みたいです。ジョージは

  1. クリーニング屋にいける
  2. ドーナツの注文が出来る
  3. 犬の世話ができる
  4. 人間の代わりに荷物を受け取れる(サインはしない)

ナドナド。


子供が見ていて感じる「なぜなぜ」ポイントが半端なくあります。子供を"CURIOUS"にさせる良いアニメだと思います。大人は大変ですけどね。





それははそうと先週末買いました。



4話入って1,000円。




安いととるか高いととるかはあなた次第。



ちなみにぜーんぶ自宅のHDDに入ってます。

でも車のナビは地デジ対応ではないので観れません。




かと言って自宅で録画したものを車で観るために買い替えるなんて無駄なのでしません。



今持っているDVDが痛み始め壊れそうなので買い替えです。セリフを全てシャドーイング出来るくらい見ました。ただジョージの小刻みな「ハハハ」とか「ハハハフフーン」とかは難しいです。ジョージの声優さんはほんま凄い。



これまでにも何度か書きましたが、ジョージは全て英語で見せてます。息子も日本語の方が違和感なのか、日本語のままだったら「英語になってないよ!」って言われます。



かと言って喋れるわけではもちろんありません。



でも脳がジョージを観る為に英語が必要なんだ」って認識して英語の言語能力を必要と判断してくれないか、僕の頭皮と同じくらい薄いですが、期待をしています。



広告を非表示にする