ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

100個チャレンジ - 本断捨離一区切り -

follow us in feedly

自宅の僕の本はこれが全てです。一部漫画を除く。


第2回目からよーくよーく考えました。




でもやっぱり読まんのは読まん。




しかも今はあれこれじっくり読む時間はない。実践ビジネス英語の音読が精一杯です。




というのはエクスキューズ、つまり言い訳。




言い訳していいわけないですよね?




ほんとの本好きは何があっても読む時間とるよ。





僕はそうじゃないだけ。





別にブログ記事にしたいが為に処分に走っているわけではない。きちんと選別はしている。




自分にはもう必要ないもの

  1. 「ない仕事」の作り方
  2. ユリイカ 2017年1月臨時増刊号 総特集◎みうらじゅん SINCE1958
  3. さよなら私 (角川文庫)
  4. 自分なくしの旅 (幻冬舎文庫)
  5. どんどん目が良くなるマジカル・アイ ヒーリング&リラックス (TJ MOOK)
  6. Steve Jobs: The Man Who Thought Different
  7. たのしい不便―大量消費社会を超える
  8. いちばんよくわかるストレッチの教科書
  9. 子どもの生きる力を伸ばす「お父さん語」


あっ、みうらじゅん氏についても早いですけど、もう…


飽きました!



僕のSince - 飽きっぽい子育て父さんの日々のあれこれFYI



こんなエントリー書いておきながら(笑)



誰かを目指す段階でその誰か以上にはなれないですよね。多分…






そいやあ昔から良くも悪くも誰かに憧れた〜とかもなかったし。




まぁ、また読みたくなったら買うか借りるか立ち読みするかしますよ。本当に読みたければね。





一体全体何冊になったか?

会社に置いてあるものを含めて
合計16冊になりました


今どこにどの本があるかわかる状態を迎えました。



スッキリしました!



どれも全く読まなかったということはないし、本なので無駄になったとは思いません。



自分が何のために本を読んでいたかも気づけました。



無職の時に本を読んでいれば、ただ遊んでいるよりも前進しているような気がして罪悪感を緩和してくれていたのも事実です。




その辺から本を読むという事に昔より抵抗は無くなったように思います。




ただ、僕はやはり本質的に本を読むという事が好きではないという結論に至りました。



そして最近では本屋さんで本を買う自分に乾杯みたいなところがあったのも事実。




その感情も今後時間をかけて断捨離していきます。感情の断捨離が結構大変ですよね(笑)あと捨てればなんとかなるっていう感情もね。




妻は本当に本が好きだから本屋さんにはよく行くんです。だからつい自分に乾杯の虫がざわついちゃうんですけどね〜。我慢我慢。




本の単位

さて、100個チャレンジで本は本棚1つを最小単位にするとありました。ただ、我が家には本棚らしきものはありません。だからその判断を先延ばしにいていましたが、今回の断捨離で決めました。


このケースを1つにします。


現在は会社に置いてある本を合わせるとこのケース2つは必要です。



だから本は2つとしてカウントします。



あと所有出来るのは98個



さぁいよいよチャレンジがすすんで来ましたよ!




こんな気持ちにしてくれた本のみんな、どうもありがとう。



広告を非表示にする