読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飽きっぽい子育て父さんの日々のあれこれFYI

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

音読1000回できるかな

ひとりごと
follow us in feedly

僕は今音読にチャレンジしている。




その数1,000回






色々調べたら只管朗読なるものを提唱されてるえらーい人がいて1,000回は音読せよとのこと。





1,000回もたいがいヤバイよね。





今僕がやってるNHKの実践ビジネス英語でやりたいなって思ったんですよ。だって楽しいし、ちょうどいい語数とレベルだから。




ちょうどいいってのは1つのパートが大体200wordsで初めて読んでも7割は理解出来る。




音読素材を選ぶ基準にしてます。



問題がひとつ。




どれを何回読むか?




そもそも実践ビジネス英語には1ヶ月あたりトピックが2つあります。



今僕がやってるのは去年の8月号。

人間味あるテクノロジー
仕事と私生活を両立させる

の2つです。



各トピックに200wordsの会話文が5パートずつあります。



つまり1ヶ月で10個のパートがあるということ。




じゃあそれを何回ずつ読むか?




当初は各パート1,000回ずつ合計10,000回読もうと決め込んでました。




でも飽きる。(笑)




でもそんな飽きるような事を愚直にやり遂げる事が大事なんだと思う…ようにしている。



1,000時間

英語は1,000時間勉強すれば…みたいな事を目にする事がある。




ちなみに今エクセルで何回読んだか記録している。




今このエントリーを書いている時点では全パート合わせて900回。




12月から始めたから大体月に300回、毎日30回ってとこかな?




1パートにつき大体1分で読み終わるから900分。




つまり約15時間。




じゅうごじかん…




じゅうごじかん




じゅうごじかん




じゅうごじかん




1,000 - 15 = 985時間



1,000時間しようと思ったら…




1パートあたり1分で…






















60,000回!






ヤバイどうしよ…




60,000回かぁ…




何日…いや、何年かかるんだ?




60,000を60で割って、さらにそれを24で割って…かくかくしかじか、水金地火木土天冥海…









約7年。






言葉は生きている。




終わりがないんだよ…ってことですよね。





はい…





急がば回れ





やり続けますよ。




ま、まぁ今まで散々英語の勉強してきたし1,000時間以上はやってるはずだし…ね。



あとはこの音読でブレイクスルーが訪れる事を祈るばかりです。




まずは今のテキストを全パート合わせて1,000回は読もう。



早速緩和(笑)

広告を非表示にする