ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

自分でいたい

follow us in feedly

自分探しなんて口にしたり耳にしたりすることありますよね。


中田英寿さんはサッカーをやめたあと自分探しの旅に出られたそうです。


みうらじゅんさんは自分探しなんて出来ない。というか本当の自分なんてない。と言ってます。むしろ自分なくしの旅 (幻冬舎文庫)とすら言ってます。



まぁ何が自分で何が自分じゃないかなんて誰も定義なんか出来ないと思うんです。



言ったもん勝ち。



今の自分が自分ならもうそれでいい。というか本来、今の自分以上に自分なんかいない。毎秒毎に自分なんですよね。



自分はここにいるのに、外国や自分がいる場所以外に自分がいるわけない。



結局なんな自分探しなんて都合のいい口実を作ってるだけなんじゃないかとすら思っちゃいます。



自分へ新しい何かを肉付けする旅に出る!



とかならいいかもしれません。



ゴールデンウィークに何言ってんだこいつ的なエントリーですよね。



僕もなんでこんなのを書こうと思ったか書いているうちに忘れました。



あっ!



そうそう、雪駄を買いたいなぁ!って思ったところからだ。



ダウンタウン松本人志さんのファッションスタイルがなんかいいなぁって。



自分で勝負してる気がするんです。



まぁ、ブランドとかも着るんでしょうが僕の勝手なイメージですが、白いTシャツ、ジーンズ、草履みたいな。



でもかっちょいいんですよ。



タレントさんてこともあるけど歳の割に鍛えていて若々しい。



彼をみているとタレントっていうだけあって外見では判断されない。



そうまさに自分でいる。



世の中は自分を飾る為に洋服やカバン、靴そして装飾品などを買ってステータスとしてみなしているのかもしれません。俺は/私はこんなスタイリッシュなブランドを知っていて着こなしているんだぜ?ってね。



別に悪いとは言いません。少なからず僕だってそうだから。



でもなんだか自分を飾るじゃなくて自分を隠しに行ってる気がして怖いんです。



〇〇のブランドを知ってるからすごい!知らないからダサい又は世の中にアンテナを張ってない!ダメな奴だ!的なレッテルを貼る現代社会がいやです。



ブランド名より、素材や帯電しない衣服の組み合わせとかを知ってる方がよっぽど褒められるべき事だと思うんです。




だから僕は今年の流行とか流行の色とかっていう言葉が嫌いです。



自分の流行で生活しましょうよ。




いやぁ、勢いで訳の分からん戯言を書いてしまいましたが、何が言いたいかと言うと僕は草履か雪駄を買いたいなぁって思ってるって事。




知るかよっ!



って感じですね。



まぁ、今日これを思ってしまったから仕方ない。僕のブログだしいいよね。



さぁてAmazonにお邪魔しよ〜。

広告を非表示にする