ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

Trackmasterダグラスのプラレールとの互換性

follow us in feedly

たまには買わない勇気 - ミレニアル世代のミニマムライフ
このエントリーで書いたTrackmasterシリーズのダグラスのレビューを書いて見ます。これです。

Thomas & Friends - Trackmaster - Motorized Engine DOUGLAS ダグラス

Thomas & Friends - Trackmaster - Motorized Engine DOUGLAS ダグラス

たまには買わない勇気 - ミレニアル世代のミニマムライフ
息子はプラレールが好きなんですが、廃盤のが好きなんです。おそらくタカラと、トミーが合併する前にトミーが出していたものと思われます。その中でもダグラスは双子の相方のドナルドとのセット販売のみで存在しており、メルカリやヤフオクでも高額過ぎて手が出ない。てかそもそもあまり出回ってないんです。


それでもダグラス

ドナルドはメルカリで手に入ったんですが、ダグラスは全くダメ。そこで白羽の矢が立ったのはさっきも書いたTrackmasterシリーズ。アメリカ製品です。しかしアメリカ製品は以前トーマスを貰った時に動力車の形状が違うため日本のプラレールでは走らな買ったことがあるんです。正確に言えば走らないというか空回りするんです。車輪のギザギザが荒くてプラレールの線路と噛み合わない、

この商品の動力車の後部車輪の物はダメです。YouTubeなんかの走行動画では踏切なんかも渡れてませんでした。だからいくらダグラスでもアメリカのはなぁ。って敬遠してました。しかし、Amazonの商品画像をみるとどうやらプラレールと同じ形状。連結部分もプラレールと同じ。そんな時に息子の誕生日。姉と話をしていて息子への誕生日プレゼントにお願いします!って感じでも我が家へダグラスがいらっしゃいました。


プラレールドナルドとの比較

正面

右がダグラス
顔の不気味さはどちらも同じ(笑)









下がダグラス





下がダグラス
ダグラスの車輪のタイヤは全体的に黒です。動力車の後部車輪の部分はプラレールと同じゴム素材です。



内部
カバーを外すとこう。
ドナルドは一部が外れますが、ダグラスはカパッと普通のプラレールのように外れます。電池は単三一個です。

ダグラス(アメリカ)

電池のマイナス部分がやや安っぽいので子供に勝手に触らせて壊れないようにした方がいいと思います。


ドナルド(プラレール

なんなパクリじゃないようにするためにちょっとずつ変えているように思えて仕方ありません。


走行

いざ電池を入れて走らせてみました。懸念していた坂を上がるかどうかは、後部車輪がプラレールと同じゴムだけあって難なく上がりました。そしてTrackmasterの方がやや早いです。



総評

個人的には大満足です。
そしてさっきも書きましたが、おそらくほぼ同じ物だと思います。それくらい酷似しています。あとはちょっとずつ変えてパクリにならないようにしているんだと思います。まぁ、どちらが先かは知りませんが。違いと言えば、梱包の為に車輪に穴が空いてます。
動かないように、箱の下で細い棒が車輪に通されてます。そんなのも気にならなければ本当「買い」だと思います。走行には影響ないはずですからね。




まぁ、息子が満足してるので何よりです。



気をつけないといけないのは、子供は満足してるに、「正規のプラレールじゃないから親としてはいやだなぁ」とか思ってしまい、それが子供に伝わってしまう事だと思います。



怪我なく子供が楽しく遊べれば良いんですから!



親の様々な経験から形成された「不要な価値観」を知らず知らず植え付けるのはやめましょう。例えばガチャガチャのシールを綺麗に貼りたいから親が貼る…とかね。





てかタカラトミーさん!廃盤になったきかんしゃ達再販してみたらどうですか?売れると思いますよ!てか再販して下さい