ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

モノについて考えた日

follow us in feedly

今日はアメリカの独立記念日で休みでした。先週暑さのせいで夫婦喧嘩したので、今日エアコンのクリーニング業者に来てもらいました。ほぼ毎年お願いしてます。粗大ゴミもそうですが、やはり自分で時間と労力をかけてやるよりも、プロに任せた方が精神衛生上もいいです。そして部屋の片付けや掃除もしました。今日メインに書きたいのはタイトルにもありますが、モノについてです。無印のワイドアームソファは前々からの我が家の悩みのタネなんです。確かにあったら座ります。でもなくても多分大丈夫。ただ、処分となると大変。広島市の粗大ゴミ回収に頼めば我が家のは2シーターなので1,000円。クッションに関してはそれがなければソファとして機能しなければソファの一部とみなされると電話で確認したので確実に1,000円ですみます。ただ、ゴミ集積所までは自分で運ばないといけない。これ面倒。じゃあ、自分で破壊してそれぞれのゴミの日に出すか?絶対やだ。じゃあどうする?あなたなーならどうする?ここで気づいたんです。自分のマインドが固まってるのを。ただ、ただ、処分する方法しか考えてなかった。何が俺をここまで処分の道へ走らせたんだ?答えは簡単だった。シートカバーを洗うのが面倒だから。確かに布カバーだからホコリなどなどは多数存在しているだろう。息子がダニアレルギーってことを理由に俺はまた1つ使えるものをゴミにしようとしていたんだなって…重い腰を上げてカバーを全部剥がして洗いました。雨だったから乾燥機も久々に使いました。乾燥機にかけた後に『そいやぁ縮まないかな?』なんて事も少し気にしながら時が経つのを待ちました。縮むことなく無事カバーも着せて上げて誇らしげに僕の目の前に鎮座しています。まるで、『ありがとう』っていってるかのように…処分ではなくメンテナンスも習慣化していくのが真のミニマリスト、あるいは断捨離への道なんじゃないかなと考えたそんな独立記念日でした。















『ありがとうなんていわねぇよ、てか洗う回数少ないし!子供らクレヨンでめっちゃ書きよるよ!もうどうせ処分しようって思っとるけあんま怒らんかったじゃろが!』って言ってないことを祈りながら座らせて頂こうと思います。

広告を非表示にする