ミレニアル世代のミニマムライフ

日々のあれこれを思うがままに書いていくブログ…つまり雑記です。

ビールが美味しいと思い始めた

follow us in feedly

大学生の時に酒を覚えました。アルコールならなんでも『おいしい』と思い込み味わう事なく浴びるように飲みました。お酒がたまらなく好きなんだと思い込んでました。社会に出ると付き合いで酒を飲むようになりました。美味しくない酒を覚えました。30代に入りほろ酔いくらいが丁度いいと思うようになりました。


思い返せば結局僕は、お酒を心底美味しいと思って飲んだことは一度もなかった。お酒を囲むワイワイが好きなだけだった。お酒は百薬の長と言ったりもしますが、それはきっと『良いお酒』を適量飲むこと。カロリーゼロとか糖質ゼロとか確実に化学的なものが配合されたものがいいはずない。そして焼酎にしろ日本酒にしろウィスキーにしろアルコールが強すぎて美味しくないよ。美味しいと思える銘柄に出会った事がないだけか?そんなのどうでもいいや。


僕がお酒に求めているのは『ほろ酔い』。そしてちょっと気分が良くなること。それには缶ビール1本が丁度いいと思い始めた。


そう思い始めた…分かり始めた…マイレボリューション。


一度自分の『思い込み』と向き合ってみたら同じ物でも違う味がしてくるかもね。


なんだか良くわかりませんが、僕が言いたいのは夏に飲むビールは美味いと言う事です。(笑)