身の丈生活

僕を測れる物差しは僕の中にある

ミニマリスト思考がいい理由

じぶんに帰る時間 | くらしの良品研究所 | 無印良品

自分に帰る…か。

本当最近よく思うのは、周囲の雑音で自分の人生に集中出来ないようにさせられてるんじゃないかな?って。

これをみて思ったのはミニマリストはやはり時代が求めているんだなってこと。

ミニマリストを牽制する人は「持たないようにする思考」についてよく思ってません。楽しみがないとか、持たなすぎて不便とか。

いやいや、だからいいんじゃない?

って思うのは僕だけでしょうか?

体を洗うしかない風呂では何故か思考がクリアになって風呂の外では浮かばないようなアイデアが湧くことがしばしばあります。携帯を忘れてしまったら何か別の方法で連絡をとろうと頭を働かす。あるいは携帯ゲームができないから他の方法で時間をつぶせるように頭を働かす。


しかしモノで溢れている世界に戻ると全ておじゃん。


今世の中に溢れているモノで満たされるような人はそれでいいんです。でもミニマリスト思考な人は全てが同じ考えではないにしろ向かう方向は同じなはずです。


何もない方が何かが生まれやすい事もあるんですよ。


だから自分に帰る。でも現代社会ではそんな時間を得る為にもお金を払わないといけないんだなと思うとなんか寂しくなりました。


まぁ無い物ねだりなんでしょうけどね。

fujisan.co.jpへ
購入のストレスを緩和したいならFujisan.co.jpへ